雑草から堆肥を作る方法

雑草や野草は、自然の生態系の中で非常に粘り強い存在です。私たちは通常、農業生産やガーデニングの際に、可能な限り雑草を取り除きます。しかし、刈り取った草はそのまま捨てるのではなく、きちんと堆肥化すれば良い堆肥になります。雑草を肥料に利用するのが堆肥化で、農作物のワラ、草、葉、生ごみなどを有機肥料とし、人糞や家畜糞尿などで堆肥化します。品質が良く、肥料効率が高く、細菌や卵を殺すことができます.

 

雑草堆肥の特徴:

● 肥料効果は家畜糞堆肥化よりも遅くなります。

● 微生物の多様性が安定しており、容易に破壊されず、要素の不均衡によって引き起こされる病気のリスクと継続的な作物の障害を軽減します。この点で、その効果は肥料の堆肥化よりも優れています。

● 作物の発芽不良のリスクを軽減します。

● 野生の草地は根が強く、深く浸透した後、ミネラル成分を吸収して土に還ります。

● 適切な炭素窒素比と円滑な分解。

 

1.堆肥の材料

堆肥を作るための材料は、その性質によって大きく3種類に分けられます。

基本素材

各種稲わら、雑草、落ち葉、つる、泥炭、生ごみなどの分解しにくいもの

分解を促進する物質

一般的には、人糞、下水、蚕砂、馬糞、羊糞、古堆肥、植物灰、石灰など窒素を多く含む高温繊維分解菌が豊富な物質です。

吸収物質

少量の泥炭、細かい砂、少量の過リン酸塩またはリン酸塩岩粉を蓄積プロセス中に追加すると、窒素の揮発を防止または低減し、堆肥の肥料効率を向上させることができます。

 

2.堆肥を作る前の異素材の処理

各材料の腐敗と分解を加速するには、堆肥化する前に異なる材料を処理する必要があります。

l 重金属や有毒・有害物質の混入を防ぐために、ガラス、石、タイル、プラスチックなどの破片を選別して分別する必要があります。

l原則として、すべての種類の蓄積材料は粉砕する方がよく、接触面積を増やすと分解しやすくなりますが、多くの人手と材料資源を消費します。通常、雑草は 5 ~ 10 cm の長さに刈り取ります。

lトウモロコシやモロコシなどの硬くてワックス状の材料は、水分吸収が少なく、破砕後に下水または 2% の石灰水に浸して、ストローのワックス状の表面を破壊するのが最適です。腐敗と分解。

l水草は水分が多いので、少し乾燥させてから積み上げてください。

 

3.積み重ね場所の選択

肥料を堆肥化する場所は、地形が高く、風下で日当たりが良く、水源に近く、輸送と使用に便利な場所を選択する必要があります。輸送と使用の利便性のために、蓄積場所を適切に分散させることができます。スタッキングサイトが選択された後、地面が整地されます。

 

4.堆肥中の各素材の割合

一般的に、積み重ねる材料の割合は、さまざまな作物のわら、雑草、落ち葉などの約500キログラムで、100〜150キログラムの肥料と尿、および50〜100キログラムの水が追加されます。加える水の量は、原材料の乾き具合と湿り具合によって異なります。kg、またはリン鉱石粉末 25 ~ 30 kg、過リン酸塩 5 ~ 8 kg、窒素肥料 4 ~ 5 kg。

分解を促進するために、適切な量のラバ肥料または古い堆肥、深い暗渠泥、肥沃な土壌を追加して分解を促進することができます。しかし、成熟度と堆肥の品質に影響を与えないように、土は多すぎてはいけません。そのため、農業のことわざに「泥のない草は腐らず、泥のない草は肥沃にならない」とあります。これは、肥沃な土壌を適量添加することで、肥料を吸収・保持する効果だけでなく、有機物の分解を促進する効果があることを十分に示しています。

 

5.たい肥の生産

堆積場の通気溝、細粒土、芝土などに20cm程度の汚泥層を床マットとして敷き、浸透した肥料を吸収させた後、十分に混合処理したものを層状に積み上げ、必ず。そして、各層に肥料と水をまき、少量の石灰やリン鉱石などのリン酸肥料をまんべんなくまきます。または高繊維分解菌を接種する。各層の雑草と尿素または土壌肥料と小麦ふすまを必要な量に応じて追加して、堆肥の品質を確保します。

 

これを130cm~200cmの高さになるまで積み重ねていきます。各層の厚さは一般的に 30 ~ 70 cm です。上層は薄く、中層と下層は少し厚めにします。各層に加えられる肥料と水の量は、上層では多く、下層では少なくして、下流に流れて上下に分配できるようにする必要があります。均等に。スタックの幅とスタックの長さは、材料の量と操作のしやすさによって異なります。パイルの形はまんじゅうの形やその他の形にすることもできます。杭打ちが終わったら、厚さ6~7cmの薄い泥、細かい土、古いプラスチックフィルムで封をし、保温、保水、保肥に効果があります。

 

6.たい肥の管理

通常、堆積後 3 ~ 5 日で、有機物が微生物によって分解されて熱を放出し始め、堆積内の温度がゆっくりと上昇します。7 ~ 8 日後、ヒープ内の温度は大幅に上昇し、60 ~ 70 °C に達します。活性が弱まり、原料の分解が不完全になります。したがって、スタック期間中、スタックの上部、中間部、および下部の湿度と温度の変化を頻繁に確認する必要があります。

堆肥温度計を使用して、堆肥の内部温度を検出できます。堆肥温度計がない場合は、長い鉄棒をパイルに差し込んで5分放置することもできます!引き抜いた後、手で試してみてください。30℃で温かく、40~50℃くらいで温かく、60℃くらいで温かく感じます。鉄棒の挿入部分の表面の乾湿状態を観察することで、水分の状態を確認できます。湿った状態であれば、水の量は適切です。乾いた状態の場合は、水が少なすぎることを意味し、パイルの上部に穴を開けて水を追加できます。パイル内の湿気が換気に適している場合、パイル後数日で温度が徐々に上昇し、約1週間で最高温度に達することがあります.高温期は3日以上で、10日を過ぎると徐々に温度が下がります。この場合、20~25日に1回パイルをひっくり返し、外層を真ん中に、真ん中を外側に、必要に応じて適量の尿を加えて再スタックし、分解を促進します。再積み上げ後、さらに 20 ~ 30 日後には、原料はほぼ黒く、腐敗し、臭くなり、分解されていることを示しており、使用するか、被覆土を圧縮して保管することができます。後で使用します。

 

7。堆肥化

堆肥化の開始から、回転頻度は次のようにする必要があります。

初回から7日後。2 回目から 14 日後。3 回目から 21 日後。4 回目から 1 か月後。それ以降は月に1回。注:パイルを回すたびに水分を50~60%になるように適宜水を足してください。

 

8.堆肥の成熟度の判断方法

次の記事を参照してください。


投稿時間: 2022 年 8 月 11 日